-->
ここでは為替相場における基本内容に関しての説明です。為替取引とは「自分で持ち金の送金をなすことなく資金の受け渡しの目的を実現すること」を言います。為替というのは大体外国為替を表すという場合が多いのです。国際為替というものはお互いの国の貨幣の取り替えのことを言います。他の国へ旅行(シンガポール、中国、マレーシア、)などしていれば絶対に外国の為替の体験があると思います。近くの銀行にて旅行先の国の金へ両替をするのであれば、まさに外国の為替という事です。為替市場とは買う人と売る側の値を示したものです。銀行の取引によって決まります。その銀行というのはマーケットメイカーと言われている指定された銀行です。為替相場は周りからの余波を受けつつも引き続いて時間ごとに変わります。為替レートを変えて行く原因になるのは、ファンダメンタルズというのが挙げられます。ファンダメンタルズというのは経済情勢、経済のベースやいろいろな要素のことを言います。その国のGDP成長率や景気の状態、物価の水準、金融緩和、外国取引の収支、重要人物の発言と言った要素が作用して為替のレートは変動して行くのです。特に国際収支や失業者数は影響が大きいと思います。経常収支とは何かと言うと日本の中では省庁(外務省)の用命で日銀が輸出入統計を利用して作った他の国とのある期の貿易を記したものです。統計は中央省庁や日本銀行のHP等で知ることができます。労働者の統計・失業者の数もチェックされる場合が多い要因です。とりわけアメリカ合衆国の就職者の統計は重要視されます。月次で公表され、検証ねらいが広範な点がミソです。為替相場の変化は国の経済の動きであると言えます。経済の推移を見極めることにより為替の推移推測が可能となると言えるのです。

Link

Copyright © 1997 www.portlandpassport.org All Rights Reserved.